年賀状印刷代行サービスの注文方法(実践編)| 賢い年賀状印刷 2015年 未年

賢い年賀状印刷 2015年 未年年賀状印刷代行サービス > 年賀状印刷代行サービスの注文方法(実践編)

年賀状印刷代行サービスの注文方法(実践編)

年賀状印刷代行サービスを使ってみた

年賀状印刷代行サービスは簡単でデザインの種類も豊富で、費用的にも考えているよりそこまで高くないという事からわたしは年賀状印刷代行サービスをお勧めしています。しかし、こちらのページで流れは説明しましたが、まだイメージはつきにくいですよね。そこで、わたしが実際オーダーし、注文の流れを画像とともに、ご紹介いたします。

1:サイトを選ぶ

かなりの数の年賀状印刷代行サービスはありうますが、わたしは、年賀状印刷代行会社の老舗企業である挨拶状ドットコムをお勧め致します。 もう何年も使っているので使い易いというは私の1番の理由ですが、おすすめする理由は3つ。

①他のサイトよりはがき代が安い
期間限定ではがき代が45円に!通常で購入するより7円も安いので他で購入する理由がないですね!

②対応が丁寧
ここ数年は他のサービスを利用していないのでわかりかねますが、とにかくここは対応が丁寧!サイト右上でに電話番号も記入されており、わからないことがあれば電話で親切丁寧に答えてもらえます!

③注文から商品発送まで2日
通常年賀状制作って結構時間がかかったりしますよね。ここで頼むと商品発送まで2日で対応してもらえます。もっと早いところもありますが、少し値段が高かったり、対応が丁寧でなかったりと色々と問題点があるところも多いので、2日くらいでわたしはいいと思います。

以上より、金額・対応的・スピードという3つのバランスが非常にいいということから、こちらのサイトを選んでいます。

2:デザインを選ぶ

デザインの種類は全440種類。デザインのテンションがそれぞれわかりやすくまとめられているので探しやすくさくっと決めることができます!
...と言いたいところですが、ここは選ぶまではなかなか時間がかかりますw
「これがいいかな?」「あれがいいかな?」なんて、考えながら毎年この作業で2時間くらい使ってしまいますw(逆にここが決まると早いのですが...)
年賀状デザイン

わたしのデザインを選ぶ方法は、自分の今年のテーマを決めてそのテーマにあったテイストで絞り込んでみていくという方法がです。気に入ったデザインがあれば、画像をクリックしてい「いいかも!リストを追加」ボタンをクリックしてデザインをキープ。5つくらい溜まってから最終決戦でデザインを決めるという方法で毎年決めています。決定の際、デザインももちろん重要ですが、デザイナーがデザインのポイントをまとめてくれているので、そちらを参考にしてもいいかもしれないですね!

テーマを決めると先ほどご説明しましたが、コンペ受賞作品は必ずチェックする様にしましょう。掘り出し物デザインがある可能性が高いので、ここはオススメです!実際、わたしが2015年未年の年賀状で選んだデザインはこちら。掘り出し物のコンペ受賞作品から見事に探しだしました。
年賀状デザイン

3:申し込み

デザインが確定して、緑の申し込みボタンをクリックするとこの様な作成画面が出てきます。
出てくる内容をそのまま進めていくだけですが、万が一、「わからない!」となれば、電話を( 電話番号は06竏窒S400竏窒T032 )すれば親切に答えてくれますよ!心配せずに「注文方法がわかりません!」と電話口で伝えましょう!

氏名入力

名前を入れて・・・

氏名入力

住所をいれて...

住所入力

E-mailやURLを入れるところもでてきますが、必要ない場合は入力せずに「次へ」といれ、 「ご確認ください」画面が出てきたら「はい」としましょう。

メール入力

入力した情報のレイアウト画像がでてきます。
フォントは、明朝やゴシック、細字や太字など8種類の中から選択が可能です。

自動調整の部分の緑の調整するボタンをクリックすると、この様な画面がでてきます。
動かしたいパーツを先にクリックし移動や大きさの大小を選べるので、これで好みのデザインに調整しましょう。

レイアウト

確定すると次は、文章の入力です。
自由にテキストを入力してもいいですし、文例を選択するをクリックすると、個人向けで27例、法人向けで5例を選択することができます。ここは、すべてのかた共通の文章になるので、文例の中から選び、少しゆるい近況報告などは手書きで個人個人書くようにしましょう。

文章

すべて情報を入力するとレイアウト調整画面がでてきます。
気になる部分があれば、クリックして移動し自分好みの場所へ移動しましょう。
ただ、基本的に全体のバランスを考えて最初に配置されているので、わたしは一度も変更したことはありません。

年賀状レイアウト

レイアウトページの右下にある一言コメントボタンをクリックすると、
さらに、新たにコメントも入れることができます。引っ越しや結婚など近況報告を入れえると良いでしょう。

一言コメント

レイアウト調整確定ボタンをクリックすると、仕上がり確認ボタンが出てきます。
・住所は番地まで入力されているか?
・氏名、電話番号等の入力に間違いはないか?
・メールアドレス等に入力に間違いはないか?
・文章に誤字脱字はないか?
・文字と文字は重なっていないか?
という基本的な確認が出てきます。この画面が最終入稿画面であり、注文確定画面になります。(家でのプリント印刷でいう、印刷ボタンですね!)
注文確定後は、変更できないので、何度も確認する様にしましょう。

仕上がり確認

デザイン確定後はデザインオプション部分の決定となります。
自分で宛名を書く人は宛名印刷なしを、宛名まで印刷してもらう場合は宛名印刷を注文するをクリックしましょう。(わたしは何度も注文しているので、宛名印刷ありですが、初めての方を想定して宛名印刷なしを選択しておきます)
宛名オプション

注文枚数と用紙の選択を行います。
用紙ですが、45円Wお年玉はがきが選択できる場合は、そちらを選択しましょう。
ものは変わらず単純に安いです。
年賀はがきをすでに持っている場合は、はがきを封筒にいれて、こちらの会社に送るとその枚数を印刷してくれます。ただし、送った同じものを印刷してくれる訳ではなく、その枚数と同じ年賀はがきをこちらのサイトが準備して送ってくれるだけなので、そこだけご注意ください。

注文内容入力

4:注文

これで注文内容が確定します。買い物かご商品が入ったので、購入に進んでいきます。
代引かカードを選択し、請求金額を確定させ、注文者情報を入力して完了です。
注文完了

いかがでしたでしょうか?
少し長いように感じられたかもしれませんが、実際作ってみるとデザインを確定させてからは10分くらいで完了してしまいます。年賀状印刷代行サービスが気になられている方は、是非今年試してみてください。


2015(未年)年賀状について

未年にまつわる話

未年生まれの人は
どういう人が多い?

未年に起こった出来事

未を使った慣用句・ことわざ

未年にちなんだ年賀状素材

2015年(未年)年賀状を
出す時のルール -個人-

年賀状は誰に送らないといけない?

喪中の場合
年賀状はどうすればいい?

年賀状の書き方のルールについて

年賀状に関するQ&A

2015年(未年)年賀状を
出す時のルール -法人-

年賀状は誰に送らないといけない?

年賀状の書き方のルールについて

年賀状に関するQ&A

2015年(未年)年賀状の文例

何にでも使える年賀状の文例

親族への年賀状の文例

友人への年賀状の文例

目上の方への年賀状の文例

同じ会社の方への年賀状の文例

後輩への年賀状の文例

取引先への年賀状の文例

2015年 年賀状を賢く作る
年賀状印刷代行サービス

年賀状印刷代行サービスは
どんなサービス?

年賀状印刷代行サービスで
年賀状を注文してみる

年賀状印刷代行サービスと
家庭用年賀状ソフト比較

年賀状印刷代行サービスと
通常販売年賀状比較

年賀状印刷代行サービスと
手作り年賀状比較

年賀状印刷代行サービスの
注文方法(実践変)

海外との年賀状
やりとりについて

海外に年賀状を送る方法

海外在住の日本人が日本に向けて
年賀状を出す方法

年賀状お役立ち情報

西暦 和暦 干支の早見表

年賀状当選番号とお年玉年賀はがき

年賀状ニュース

年賀状に関するニュースを
随時更新していきます。