年賀状は誰に送らないといけない?(法人) | 賢い年賀状印刷 2015年 未年

賢い年賀状印刷 2015年 未年年賀状を出すときのルール法人 > 年賀状は誰に送らないといけない?(法人)

法人向け年賀状

年賀状は誰に送らないといけない?(法人)

お世話になった人には年賀状を出しましょう

2015年の年賀状を準備しようと思いたったあなた、仕事でお世話になった人への年賀状は、どの程度のお付き合いの人に送ればよいのか悩むところですよね。
まずは、これまでに仕事の取引などでお世話になった方には送るべきです。
最近ご無沙汰していても、これまでにお世話になったと感じている人にはなおさら送った方がよいと思います。
次に、今はまだそこまでのお付き合いでなくとも、2015年以降に深く仕事で関わりそうな相手にはぜひ年賀状を出しましょう。この場合、距離感を縮めることができるので、先方の会社、部署宛ではなく、担当者に宛てて送るのがオススメです。

1年間、ほとんどやり取りがなかった相手には出さなくてもOK

毎日忙しく働く中で、この1年間、電話やメールのやり取りが3回以下の相手には年賀状は出さなくてもよいと思います。今後仕事でお世話になりそうだなと感じている相手、前年までは頻繁にお付き合いのあった相手なら出すべきですが、そんなこともなく、この1年間でほとんどやり取りがなかった相手は省いてもよいでしょう。
特に仕事関係の年賀状というのは、とかく枚数が多くなり、通常業務に支障をきたす場合がありますので、「こんなにたくさん書けないよ!」と頭を抱えている人は、まず年間3回以下のやり取りの相手を削っていくとよいかもしれません。

できれば会社の上司や同僚には出したくない…

ただでさえ忙しくなる年末、取引先への年賀状は大量に書かなければならない…という状況で正直削ってしまいたいのが、会社の上司や同僚ですよね。毎日顔を合わせているため、一番削っても許される気がするのは社内の人です。
最近では「虚礼廃止」といって、社内間で年賀状を送るのを禁止する会社も増えてきています。その一方で、必ず出す習慣があるという会社もあります。まずは、自分が勤務している会社がどういった習慣なのかを確認してみてください。
ちなみに、退職した上司や先輩などで、在職中にとてもお世話になったなど恩義を感じている相手には、感謝の気持ちを込めて年賀状を出すとよいでしょう。
2015年、未年の年賀状の準備をする前に、まずは誰に出すかをリストアップすることから始めてくださいね。


2015(未年)年賀状について

未年にまつわる話

未年生まれの人は
どういう人が多い?

未年に起こった出来事

未を使った慣用句・ことわざ

未年にちなんだ年賀状素材

2015年(未年)年賀状を
出す時のルール -個人-

年賀状は誰に送らないといけない?

喪中の場合
年賀状はどうすればいい?

年賀状の書き方のルールについて

年賀状に関するQ&A

2015年(未年)年賀状を
出す時のルール -法人-

年賀状は誰に送らないといけない?

年賀状の書き方のルールについて

年賀状に関するQ&A

2015年(未年)年賀状の文例

何にでも使える年賀状の文例

親族への年賀状の文例

友人への年賀状の文例

目上の方への年賀状の文例

同じ会社の方への年賀状の文例

後輩への年賀状の文例

取引先への年賀状の文例

2015年 年賀状を賢く作る
年賀状印刷代行サービス

年賀状印刷代行サービスは
どんなサービス?

年賀状印刷代行サービスで
年賀状を注文してみる

年賀状印刷代行サービスと
家庭用年賀状ソフト比較

年賀状印刷代行サービスと
通常販売年賀状比較

年賀状印刷代行サービスと
手作り年賀状比較

年賀状印刷代行サービスの
注文方法(実践変)

海外との年賀状
やりとりについて

海外に年賀状を送る方法

海外在住の日本人が日本に向けて
年賀状を出す方法

年賀状お役立ち情報

西暦 和暦 干支の早見表

年賀状当選番号とお年玉年賀はがき

年賀状ニュース

年賀状に関するニュースを
随時更新していきます。